本体無料

使い終わったボトルの処理

ウォーターサーバーをこれから自宅に導入しようと思っている方は、ウォーターサーバーに毎月かかる費用やお水の種類、電気代などが気になるかと思います。
もちろんこれらのことも導入前にしっかり確認しておくことが大切ですが、お水の入っているボトルの処理方法についても確認しておくことが大切です。
ボトルの処理については、導入前にはあまり気にしない方が多いかもしれませんが、実はとても大切なポイントなんです。

ウォーターサーバーを利用する際には、サーバー上部にお水の入ったボトルを設置するのですが、このボトルにはワンウェイタイプとリターナブルタイプがあります。
この2つのタイプの違いで、飲み終わった後のボトルの処理に違いが出てきます。
ワンウェイタイプのボトルは、お水を飲み終わったら小さく畳めて、資源ごみとしてボトルを処理することができます。

このワンウェイタイプのボトルは、お水が減るたびにボトルも潰れていくために、ボトル内に空気が入らず衛生的です。
次世代サーバーとも言われているものです。
一方のリターナブルタイプのボトルは、これまで主流だったボトルで、ボトルが再利用されるため、メーカーに返却する必要があります。

ボトル1個の大きさはかなり大きなものですから、次のお水の配達日まで自宅で保管しておくのは、かなり場所をとるものです。
またこのリターナブルボトルは、ボトルが小さくならないので、お水が減るたびにボトル内に空気入ります。
そのため、衛生面で好ましくないのでは、と言われています。

飲み終わったら小さくなって処理もカンタン、衛生面でも安心のリターナブルタイプのボトルのほうがメリットが大きいようです。
ボトルのタイプは、メーカーによって、またはお水の種類によっても使用されるボトルが異なっているようです。
やはりリターナブルタイプのボトルの方が値段が安くなっているようです。
長く使用するためには、価格重視か、処理の手軽さか、じっくり検討して下さいね。

Copyright(C) 2013 美味しい水を確保するために All Rights Reserved.