本体無料

ウォーターサーバーのボトルの種類

ウォーターサーバーは、ボトル入りのお水をウォーターディスペンサーとも言われる機械の上に設置して利用するものです。
電気を繋げば、24時間いつでも冷水と熱水が出てくるとても便利なウォーターサーバーは、重たい水を運んでくれることや、安心なお水が飲めるというメリットもあり、最近とても人気があります。
ウォーターサーバーで使用されているお水を入れるボトルには、2種類あって、ボトルを再利用する『ガロンタイプ』と、使い捨ての『ワンウェイタイプ』があります。

ウォーターサーバーの各業者が回収して再利用するガロンボトルは、スタンダードな宅配水のボトルで衝撃にも強いボトルになっています。
一方のワンウェイボトルは、回収されることがないので、小さく折りたたみ、資源ごみとして出すことが出来ます。
ガロンボトルであれば、回収される日まで自宅にボトルを置いておく必要がありますが、ワンウェイボトルであれば、このような煩わしさがありません。

また、ワンウェイボトルはお水を飲んでも空気が入らないので衛生的で、常に新品のボトルであることがメリットです。
飲んだあとのこのボトルは意外と場所を取るので、これまで一般的であったガロンボトルは、かなり不評でした。
新しいタイプのワンウェイボトルは、小さく折り畳めてすぐにゴミとして出す事が出来て、しかも使い回しをしないので、衛生面でも安心です。

各メーカーでは、水の種類によって、この2種類のボトルを使い分けているようです。
天然水の場合はワンウェイボトル、RO水などはガロンボトルを使用していることが多いようです。
RO水よりも鮮度の高い天然水は、賞味期限も短いために、お水の劣化を防止するためにもワンウェイボトルが最適なのです。
飲み終わった後のボトルの置き場所に困ってしまっては、せっかく便利に使えるウォーターサーバーの魅力も半減してしまいます。
これから自宅にウォーターサーバーの導入を検討している方は、ボトルタイプをチェックすることも忘れないで下さいね。

Copyright(C) 2013 美味しい水を確保するために All Rights Reserved.