本体無料

ウォーターサーバーと水道水の違い

24時間いつでも冷水と温水が出てくる便利なウォーターサーバーは、オフィスや病院だけでなく、最近では自宅に設置する家庭も増えてきました。
そのまま飲んだり、お料理に使ったり、小さいお子さんのいる家庭でれば、温水でミルク作りや離乳食も作れるなど、幅広い活用法があります。
ウォーターサーバーと水道水の違いは、その水の質です。

ウォーターサーバーのお水は、そのままゴクゴク飲める安心なお水ですが、水道水をそのままゴクゴク飲む人は少ないのではないでしょうか。
日本では水道水をそのまま飲むことができる世界でも稀な国ではあるものの、臭いがあったり、美味しくない、ことや、含まれる成分が不安な人も多いと思います。
水道水には消毒のための塩素が含まれています。

大量のお水を安全に届けるには、消毒効果に優れた塩素を水に入れる必要があります。
この塩素が水道水をまずくしています。
一方のウォーターサーバーは、水道水を内蔵されたろ過装置に入れるタイプと、天然水や人工的に作られたRO水などがあります。

どちらも水道水とは違い、安心して飲めるお水であることが、ウォーターサーバーの一番の魅力です。
日本の名水などを取り扱っているウォーターサーバーの業者もたくさんあります。
このような天然水は、まろやかな甘さがあり、天然のミネラルなども豊富に含まれています。

水道水にはない、美味しさと栄養素があるのですね。
美味しいお水を購入する時代ですが、いつでも自宅でウォーターサーバーの蛇口をひねれば美味しいお水がいつでも飲めることは嬉しいことですね。
焼酎などでお湯割りにして楽しむ方も多いようですし、美味しいお水で炊いたご飯はひと味もふた味も違うと評判です。
ウォーターサーバーに申し込みをすれば、定期的に重たいお水を自宅まで運んでくれることも大きな魅力です。
毎日の健康のために良質のお水を飲みたい方や、お水を買いに行く手間を省きたい方、美味しいお水をいつでも飲みたい方などにウォーターサーバーはおススメですよ。
気になるウォーターサーバーのサイズについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 美味しい水を確保するために All Rights Reserved.