本体無料

ウォーターサーバーの清掃方法

ウォーターサーバーを導入したら、安全に利用するためにも、お手入れを欠かさず行いましょう。
衛生的に使い続けるために、そして清潔に保つことで、節電・省エネにもつながります。
ウォーターサーバーの清掃方法ですが、まず気をつけたいのがボトル差し込み口の周辺です。

ボトル交換時に、市販のアルコール除菌剤を使用して、しっかり消毒することをおススメします。
また、差し込み口周辺に水が溜まっていたら、清潔なふきんなどを使ってキレイに吹きとることも忘れずに。
冷水と温水が出てくるコック・蛇口などの穴の中もキレイにお手入れしましょう。

コック・蛇口の穴の中は、常に湿った状態なので、ホコリなどが付着しやすい環境です。
この部分のお手入れを怠っていると、ホコリなどが固まりとなって、コップに落ちてくる!なんてことにもなりかねません。
目安としては、1週間に最低でも1回はこの穴の中を清掃しましょう。

ブラスなどを使って、市販のアルコール除菌剤なども利用して、ゴシゴシ洗いをしましょう。
そして、コック・蛇口部分の清掃も忘れずに行いましょう。
手で触れる部分ですから、雑菌も付きやすい部分です。

この部分も同様にアルコール除菌剤なども使って、ふきんを濡らして汚れをしっかり拭き取りましょう。
また、サーバー本体にも、水滴が飛び跳ねたりしますから、そのまま放置しないで、その度ごとにキレイにふきんなどで拭き取るように心がけましょう。
この辺りは、毎日キレイにお手入れするようにしましょう。

他にも毎日お手入れしたい部分は、水の受け皿です。
取り外しができる場合は、食器用洗剤を使ってスポンジで洗い、乾いたふきんで、水気をしっかり拭き取ります。
数ヶ月に1回くらいは、ウォーターサーバーの背面部分などの清掃も行いましょう。
掃除機でホコリ等を吸い取りキレイにして下さい。

電源プラグもホコリなどが溜まった時には掃除機などで吸い取り、乾いた布で拭き取りお手入れしましょう。
最近のウォーターサーバーは、衛生的に使用出来るワンウェイボトルが採用されることが多い分、メーカーのメンテナンスがないことも多くなりました。
このようなセルフメンテナンスをしっかり行いウォーターサーバーを衛生的に使用しましょう。

Copyright(C) 2013 美味しい水を確保するために All Rights Reserved.