本体無料

ウォーターサーバーの温水

コックを押せば24時間いつでも冷水と温水が出てくるウォーターサーバー。
この冷水と温水の温度はどのくらいなのでしょうか。
もちろん各ウォーターサーバーの業者やサーバーの種類によって、若干温水の温度が異なるようでうすが、だいたい冷水で5度から12度、温水で80度から90度となっています。

ウォーターサーバーの冷水は、そのまま水分補給として飲むことが多いと思いますが、この5度から12度という温度は、水を美味しいと感じる温度とほぼ同じです。
ウォーターサーバーの温水の活用方法は実にさまざまです。
お茶やコーヒー、紅茶を淹れたり、お料理に使うことも、赤ちゃんのミルク作りにも使えます。

日本茶は、種類によって淹れる際の温水の温度が異なります。
自宅で手軽に飲む煎茶やほうじ茶などは高温で淹れると美味しいので、ウォーターサーバーの温水の温度は最適です。
しかし高級な玉露茶などは50〜65度くらいのぬるま湯で淹れるお茶なので、一度湯さましに入れて温度を下げてから急須に入れると良いですね。

コーヒーの場合も90度くらいの高温で淹れるのが最適なので、ウォーターサーバーはピッタリです。
紅茶の場合は、熱湯の100度で淹れるのが良いと言われていますので、少し沸騰させて使うと良いですね。
90度くらいのお湯ですから、100度になるのもすぐですね。

ウォーターサーバーを家庭で利用される理由はさまざまですが、最近多いのが赤ちゃんのミルク作りのために設置する人です。
温水で粉ミルクを溶かして、冷水で適温にまで冷ませばあっとう言う間に面倒なミルク作りができますね。
新生児の授乳は夜中も2,3時間ごとにあり、夜中の授乳は特に大変ですが、ウォーターサーバーを利用すれば、ママの負担もかなり軽減できますね。

お水自体も安心の天然水だったり、徹底的にろ過されたRO水なので、水の安全性が不安なママでも安心です。
離乳食作りなどにもウォーターサーバーの温水はとても便利です。
妊娠、出産と同時にウォーターサーバーを利用する人が今後も増えていきそうですね。

Copyright(C) 2013 美味しい水を確保するために All Rights Reserved.