本体無料

ウォーターサーバーの衛生面

ウォーターサーバーは冷水と温水が24時間いつでも出てくる便利なものです。
そのままゴクゴク飲んだり、コーヒーやお茶を淹れたり、料理や赤ちゃんのミルク作りに使う人もいて、とても幅広く活用できます。
ウォーターサーバーの魅力はこのようにとても便利に使えることと、お水の安全性が高いということで人気が広まり、家庭に設置する人の数もどんどん増えています。

しかし長く使い続けるウォーターサーバーの衛生面が気になる人も多いと思います。
天然水やRO水などをお水を使用しているウォーターサーバーでは、水道水のように塩素消毒されていない、とても美味しいお水です。
しかし塩素消毒されていないということは、それだけ賞味期限が短いということです。

一度お水のボトルを開封したら、あまり時間をかけずに飲み切ることが大切です。
以前はガロンボトルが主流で、これはお水が減るたびにボトル内に空気が入り込むタイプだったので、空気中の雑菌が入りこむのではと懸念されていましたが、最近では、ワンウェイボトルが増えてきました。
次世代ボトルとも言われるボトルで、これは水が減るたびにボトルが小さくなっていくため、空気が全く入らないので、安心です。
しかしながら、このワンウェイボトルのサーバーの場合、メーカーによるメンテナンスがないことがほとんどです。

ガロンボトルタイプのサーバーの場合、定期的なメンテナンスがあったのですが、ワンウェイボトルタイプにはメンテナンスがないので、日々、メンテナンスをするようにして、衛生的に使えるようにしましょう。
最も気になる部分は、お水の注ぎ口やボトルの差し込み口なので、レバーやコック周りは手で触れる場所なので、汚れが気になりますね。
これらの部分に汚れやホコリがたまらないよう、また、カビが発生しないように、毎日清潔な布などで拭き取るようにしましょう。

この部分は、ボトルのタイプがガロンボトルであってもワンウェイボトルであっても、汚れがつくのは同じことです。
安全で美味しいお水を飲むためのウォーターサーバーです。
お手入れを毎日の日課にして、綺麗なウォーターサーバーを維持して下さいね。

Copyright(C) 2013 美味しい水を確保するために All Rights Reserved.