本体無料

赤ちゃんのミルクとウォーターサーバー

冷水、温水がいつでも出てくる便利なウォーターサーバーを家庭に設置する人も増えています。
赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを設置するケースもかなり増加しています。
これは放射能汚染の問題やPM2.5などの水の汚染が大きな影響を与えているようです。

抵抗力の弱い生まれたての赤ちゃんのミルク作りに使うお水は、安全性の高いお水でなければいけません。
そこで選ばれるのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーのお水であれば、安全性が高いことに加えて、24時間いつでも温水が出てくるので、ミルク作りがとても楽になります。

またお水を買いに行く手間も省けます。
小さい赤ちゃんがいれば買い物にもなかなか思うようにいけないので、とても助かりますね。
さらに離乳食作りにも温水がいつでも出てくるウォーターサーバーがあればとても便利で、授乳中のママにとっても安全なお水を飲むことはとても大事です。

このように赤ちゃんのいるママにとっても、ウォーターサーバーのメリットはとてもたくさんあります。
しかし実際にウォーターサーバーを導入するとなると、どこが良いのか迷ってしまいますね。
ウォーターサーバーの人気の高まりと同時に、メーカーの数も増加しています。

ここで必ず注意したいのが、お水の硬度です。
ミルク作りが一番の目的ですから、硬度の高いお水を選ばないようにしましょう。
大人にとっては、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が豊富に含まれている硬度の高いお水は健康に良いとされていますが、赤ちゃんにとってはその成分が負担となってしまいます。

そこでおススメしたいのが、RO水です。
山の湧き水などが採水された天然水には、ミネラル分が豊富です。
硬度の低い軟水などは、甘くて美味しい水であるとされていますが、赤ちゃんのミルク作りをメインにするなら、天然水よりもミネラルなどの不純物が徹底的に排除されたRO水が最適です。
もちろん、放射能物質やPM2.5、ダイオキシンなどの有害物質もしっかり排除されているので安心です。

Copyright(C) 2013 美味しい水を確保するために All Rights Reserved.